クラミジアに感染したらジスロマックで完治できる

紙を持つ人

クラミジアの治療において現在主流となっているのはジスロマックの使用です。
ジスロマックの服用から完治するまでは3週間から4週間かかるとされています。
ジスロマックを使用した治療であれば、基本的には1回飲むだけで治療は終わります。

完治までの期間は薬が効果を発揮し、クラミジアの原因菌を体内から死滅させるまでに必要な期間です。
薬の服用後は日をおいて再度検査を受けなければなりません。
この検査で菌が検出されないことを確認できた時点で完治と考えて良い状態になります。
この検査で菌が検出された場合、他の抗生物質を飲むなど治療方法を変える必要があります。

現在ジスロマックは最もクラミジアの菌に対して効果があるとされているのですが効かないことがあるのです。
効かないことがあるのは、ジスロマックの成分に対して菌が耐性を持っていた場合です。
耐性を持っている菌はジスロマックで完全に死滅させられないことがあります。
菌が完全に体内からなくなっていない場合再発しますし、感染を広げる原因になります。
このようなことがあるため、薬を飲んだから大丈夫だと完治を確認する前に性行為をするのは控えましょう。

ジスロマックはマクロライド系抗生物質です。
マクロライド系は抗生物質の中では抗菌力が高く、特にクラミジアに対しては約90%の確率で菌を死滅させられるとされていています。
また、副作用が少ないという特徴があり、その副作用の少なさは妊娠中や子供にも使用できることからもわかります。

マクロライド系の中には妊娠中の服用が推奨されないものもありますが、ジスロマックであれば服用が推奨され治療にも効果があるとされているのです。

先ほど説明したように、ジスロマックが効かない菌も中にはいます。
効かなかった場合にはテトラサイクリン系やニューキノロン系の抗生物質を使用します。
しかし、テトラサイクリン系やニューキノロン系の抗生物質は妊娠中の服用は推奨されないため、受診の際は必ず医師に妊娠中であることを伝えましょう。

クラミジアはクラビットでも完治できる

ジスロマックが開発されるまでクラミジアの代表的な治療薬はクラビットでした。
クラビットはニューキノロン系の抗生物質です。
1回の服用で治療が終わるジスロマックと違い、服用は7日間続ける必要があります。
服用回数の違いは、薬の効果の持続性の差によるものです。
ジスロマックの場合、服用後の効果が持続する期間が7日であるのに対し、クラビットの効果は服用から24時間たった頃にはほぼなくなっています。
クラミジアの治療は体内の原因菌を一気に死滅させることが非常に重要です。

完治せずに症状の再発を起こしたり感染拡大を防ぐためには、きちんと完治させることが大切です。
そのため、飲み忘れが少ないということや、副作用の少なさから現在ではジスロマックが現在最も使われているのです。
しかし、決められた回数を服用した場合のクラミジアの治療薬としての有効率はジスロマックと同程度というデータもあります。
効果はきちんとあるため、医師に指示された用法、用量を守ることが大切です。

臨床試験において副作用が発生した割合はジスロマックが約13%だったのに対し、クラビットは約27%です。
主に確認された症状は、下痢や腹痛と嘔吐などの消化器系のものです。
このような症状がでる可能性があるため、胃が弱い方などは医師に伝えておくと良いでしょう。
その他に、頭痛やめまいなど神経系の副作用の症状も確認されているため、念のため副作用の車の運転や高所での作業など危険を伴う作業は控えると良いでしょう。

どのような有効な薬でも副作用の全くない薬はないため、副作用を理解したうえで用法、用量を守り服用しましょう。
副作用が強く出てしまった場合などは医師に連絡をとるなどし、早めに対処することが大切です。